八ヶ岳からの美味しいおもてなし

自然林に面したテラスやガラス張りの壁など明るく開放的な雰囲気の中で、自然食を中心とした
体にやさしいメニューが楽しめるレストランが季節にあった美味しいレシピをご紹介します。

春野菜の豆乳グラタン ビタミン、ミネラルやホルモンバランスを調整するイソフラボンがたっぷり

材料(2人分)

分量

菜の花 1/2束
春キャベツ 40g
れんこん 40g
京人参 (なければ人参) 40g
カリフラワー 40g
新ジャガイモ 小1〜2個
しめじ 1/2房
自然塩 少々
白こしょう 少々

豆乳ホワイトソース
小麦粉(地粉) 20g
サラダオイル 20g
豆乳 260ml
野菜スープ※ 34cc
自然塩 少々
白こしょう 少々
パン粉 適量

つくり方

  1. れんこん、京人参、新ジャガイモを乱切りにし、春キャベツをひと口大に切る。カリフラワー、しめじは小房に分け、野菜はすべて蒸しておく。菜の花は固めにゆで、3〜4cmに切る。すべて自然塩、白こしょうでソテーする。菜の花は飾り用にいくつか取り分けておく
  2. 鍋にサラダオイルを温め、小麦粉を加えて焦がさないように炒める。豆乳を加えて練り、野菜スープを少しずつ注いで、とろっとしたソースをつくる(豆乳によっては分離するため、沸騰したら火を止める)。2の飾り用菜の花以外とソースを和えて自然塩、白こしょうで味をととのえる
  3. 耐熱皿にサラダオイル(分量外)を塗り、2で和えたものを流し込む。飾り用菜の花を上に並べ、パン粉を散らし、200°Cのオーブンで20分ほど焼く(オーブントースターの場合:はじめに皿の上にアルミホイルをかぶせ、15分ほど焼いた後にアルミホイルをはずして焼き目がつくまで焼く)
Memo

※野菜スープ:余ったくず野菜を煮込むだけで手軽につくれる優しいスープ。こんな野菜がおすすめです。[材料]セロリ20g/人参20g/キャベツ20g/カボチャ10g/パセリの茎1〜2本/ローリエ1枚/水1ℓ[つくり方]野菜を水1ℓで30分ほど煮込んだものの煮汁。冷蔵庫で1週間ほど保存可能

ザ・ガーデン

[ザ・ガーデン] の健康メニュー
やさしいマクロビオティック


志田直正シェフ

採れたての地場野菜は新鮮で栄養価も高い。ビタミン、ミネラルなどたっぷり摂れる野菜ごろごろグラタン。
材料を気にせず、地域で採れる伝統的な野菜や、お好みの野菜をたくさん入れてアレンジすれば、あなただけのオリジナルグラタンに。豆乳ホワイトソースと野菜スープが決め手。

小淵沢にも春が到着したもようです。旬の野菜と会話して、春味いっぱいの料理ができあがりました。「ザ・ガーデン」より皆さまのお越しをお待ちしております。

小淵沢本社1F
オーガニックレストラン「ザ・ガーデン」
一般の方も利用可
(予約制 7日前までTEL 0551-20-5130)
月~金(祝日除く)ランチのみ

ページの先頭へ