八ヶ岳からの美味しいおもてなし

自然林に面したテラスやガラス張りの壁など明るく開放的な雰囲気の中で、自然食を中心とした
体にやさしいメニューが楽しめるレストランが季節にあった美味しいレシピをご紹介します。

たっぷり根菜のあったかスープ 体を冷やさず、食物繊維も豊富な根菜のエネルギーを堪能

エプロンメモ

◆ ビタミンCが豊富 蓮根

ビタミンCが豊富で、疲労回復や細胞同士をつないでコラーゲンの生成を促します。食物繊維も多く含み、腸の動きをよくすることで、デトックス効果が期待できる美肌野菜です。

◆ ぽかぽか温める 生姜

生姜の辛み成分には、新陳代謝を活発にし、発汗作用を高める働きがあります。また、強い殺菌力もあるので健胃にも効果を発揮します。美容、健康増進、ダイエットに頼りになる食材です。

材料(4人分)

分量
大根 1/8本
人参 1/4本
里芋 2個
さつま芋 1/4本
ゴボウ 1/10本
蓮根(中) 1/4本
コンニャク 1/4枚
油揚げ 1/2枚
長ねぎ 1/2本
分量
豆腐 1/2丁
ごま油 大さじ1
だし汁 1.2ℓ
少々
しょう油 少々
生姜汁 少々
葛粉 少々
少々

つくり方

  1. 大根はいちょう切り、人参、里芋、蓮根は半月切り、さつま芋は乱切り、ゴボウは厚めのささがき、油揚げは短冊切り、コンニャクは茹でて食べやすい大きさに手でちぎる。長ねぎは小口切り、豆腐は粗くくずす
  2. 鍋にごま油を入れて熱し、大根、人参、里芋、さつま芋、ゴボウ、蓮根、コンニャクを炒め、だし汁を入れ強火で煮る。沸騰したら弱火にし、あくを取りながら20分煮る
  3. 油揚げ、長ねぎ、豆腐を加え、塩・しょう油で味をととのえ、生姜汁を入れる
  4. 葛粉を水で溶かし鍋に入れ、軽くとろみをつけたら完成!

ザ・ガーデン

栄養チャージの特効薬!
美味しさもパワーもこのワンボールで


三森正実シェフ

風邪をひいたり肌がカサついたり、エネルギーの下降を感じやすい季節です。スープは食材の栄養分が溶け込み、効率よく体に吸収できる優秀な一品。寒さが厳しい季節には、体の芯から温めてくれる“根菜のあったかスープ”がおすすめです。とろみをつけているので、冷めにくいのもポイントです。野菜を切って、お鍋で煮るだけの簡単な調理方法なので、忙しいときも手軽につくれるのがうれしいですね。たくさんの野菜をひとつの器で食べられ、歯ごたえもいいスペシャルなワンボールで、寒い冬を元気に、美しく、乗り切りましょう。
冬のザ・ガーデンは、聖護院大根やさつま芋など、体にやさしい冬野菜のメニューをたくさんご用意しております。

小淵沢本社1F
オーガニックレストラン「ザ・ガーデン」
一般の方も利用可
(予約制 7日前までTEL 0551-20-5130)
月~金(祝日除く)ランチのみ

ページの先頭へ