八ヶ岳からの美味しいおもてなし

自然林に面したテラスやガラス張りの壁など明るく開放的な雰囲気の中で、自然食を中心とした
体にやさしいメニューが楽しめるレストランが季節にあった美味しいレシピをご紹介します。

押し麦入り夏野菜スープ 食物繊維とビタミンが豊富な“つるん”と食べる冷製スープ

エプロンメモ

◆ 食物繊維の宝庫 押し麦

ビタミンB群、カリウム、カルシウム、水溶性食物繊維などの栄養素を多く含みます。むくみや夏バテの予防が期待できます。

◆ 栄養不足解消に 枝豆

たんぱく質、ビタミンB1、B2、A、C、カルシウム、鉄分などの栄養素が豊富。夏バテによる食欲不振におすすめの食材です。

材料(4人分)

分量
押し麦 40g
玉ねぎ 1/2個
トマト 1個
枝豆(むき身) 40g
きゅうり 1/2本
だし昆布 1/2枚
分量
オリーブオイル 小さじ2
豆乳 320cc
400cc
少々
チャービル(ハーブ)
少々

つくり方

  1. 押し麦は、洗って水に約30分浸す。トマトは皮を湯むきして、種を取る。枝豆は、塩ゆでしてさやから出す。トマト、きゅうりは、枝豆くらいの大きさにカットする。
  2. 玉ねぎは粗みじんにカット。鍋を熱し、オリーブオイルを入れて温め、玉ねぎを炒める。玉ねぎが透き通ったら、水、だし昆布、水切りした押し麦を入れて蓋をして柔らかくなるまで約15分煮る。その後、だし昆布を取り出し、塩を加えて味を整える。3で豆乳を入れるので、濃いめの味付けに。粗熱を取ってから冷蔵庫に入れて冷やす。
  3. トマト、きゅうり、枝豆、豆乳を加え、軽く混ぜる。器に盛り付けてチャービルを飾り、お好みでオリーブオイルをかける。

ザ・ガーデン

暑さと夏バテを吹き飛ばす!
旬の野菜がたっぷり入った
“食べるスープ”


三森正実シェフ

みずみずしい夏野菜の食感となめらかな豆乳のさっぱりした味わいがクセになる、体を元気にする冷製スープです。押し麦とは大麦のことで、蒸気で加熱した後にローラーでつぶしたものです。粒は他の雑穀に比べてやや大きめなので食べ応えがあり、栄養価も豊富。食欲がないときでも食べられる、つるんとした歯応えを楽しんでください。

“ザ・ガーデン”は、山梨県・小淵沢の標高1,000mという高地の緑に恵まれた環境にあります。初夏を迎える頃は、緑が青々と生い茂り、澄んだ空気が心も体も元気にしてくれます。ぜひ、遊びにきてください。

小淵沢本社1F
オーガニックレストラン「ザ・ガーデン」
一般の方も利用可
(予約制 7日前までTEL 0551-20-5130)
月~金(祝日除く)ランチのみ

ページの先頭へ