八ヶ岳からの美味しいおもてなし

自然林に面したテラスやガラス張りの壁など明るく開放的な雰囲気の中で、自然食を中心とした
体にやさしいメニューが楽しめるレストランが季節にあった美味しいレシピをご紹介します。

小豆のスイーツ 小豆の水煮をベースにしたデザート2種

材料(8人分)

● ようかん

分量

棒寒天(粉寒天の場合は2g) 1/2本
250cc
甜菜糖・はちみつ 各30g
小豆の水煮 300g
少々


材料(5人分)

● 小豆と雑穀のココナッツソース

分量

もち粟 60g
ココナッツミルク(4号缶) 200g
豆乳 200ml
甜菜糖 40g
小豆の水煮 100g
米水飴・甜菜糖 適宜
ブルーベリージャム
(無糖or甘さ控え目なもの)
100g
ミント 適宜

つくり方

● ようかん

  1. 棒寒天は一晩水につけてふやかす(粉寒天の場合、同量の水で数分ふやかす)
  2. 1の水気を切って分量の水で煮とかし、甜菜糖を加えてとかす
  3. 小豆の水煮を加え混ぜ、はちみつを入れてツヤがでるまで煮詰める。塩で味を調える
  4. バットに流し、冷やし固めて適宜に切り分ける

● 小豆と雑穀のココナッツソース

  1. もち粟をよく洗い、一度ゆでこぼす
  2. 鍋にココナッツミルク、豆乳、甜菜糖と1を加えて煮立てる。煮立ったら弱火にして10分位、鍋底をときどき木べらでかき混ぜながら、もち粟が柔らかくなるまで煮る
  3. 小豆の水煮は鍋に入れて火にかけ、米水飴、甜菜糖でお好みの甘さに調節しておく。硬すぎるようだったら、水で濃度を調節する
  4. 3にブルーベリージャムの1/5位を加えて混ぜる
  5. 人数分のグラスの底に4を分け入れ、その上に2をのせる。ブルーベリージャムをのせてミントの葉をあしらう(上にのせるブルーベリージャムに濃度がある場合はお湯を少々加えてのばす)

● 小豆の水煮

  1. 小豆を一晩水に浸し、ザルにあけて水気をきる
  2. 鍋に小豆を入れ、たっぷりの水を加え強火にかける
  3. 水が少なくなったら火を弱め、水を足し、豆がやわらかくなるまで煮る
    ※水煮は冷凍保存ができるので、多めにつくります。お汁粉など応用料理が楽しめます。

ザ・ガーデン

水煮はたくさんつくって保存すると重宝します。


志田直正シェフ

栄養価の高い小豆。特にサポニンは、喉あれを防ぎコレステロールを下げるのに役立つといわれています。
また、お腹の中をきれいにする食物繊維がたくさん含まれているのもうれしいところです。

小淵沢はすっかり秋支度です。これからは、心おどる実り豊かな季節です。皆さまのお越しをお待ちしております。

小淵沢本社1F
オーガニックレストラン「ザ・ガーデン」
一般の方も利用可
(予約制 7日前までTEL 0551-20-5130)
月~金(祝日除く)ランチのみ

ページの先頭へ