八ヶ岳からの美味しいおもてなし

自然林に面したテラスやガラス張りの壁など明るく開放的な雰囲気の中で、自然食を中心とした
体にやさしいメニューが楽しめるレストランが季節にあった美味しいレシピをご紹介します。

玄米カナッペ 噛む回数が自然に増える玄米のカナッペ。ビタミン豊富な夏野菜でカラフルにトッピング。親子でいっしょにお好みの形や飾りを楽しんで。

食べて元気になる

元気の源はやっぱり食べること。きれいな肌を保つためにもおいしく、しっかり食べて体の中からすこやかに。

夏休みに子どもといっしょに料理をつくってみませんか。
子どもたちの栄養や食材に対する意識はメニューを考えたり、材料を用意したり、下ごしらえをすることで育ちます。

材料とつくり方

● 玄米の台
  1. 玄米2カップを炊き、熱いうちにワカメふりかけ大さじ1を混ぜる。抜き型(好みの型でよい)を水で濡らし、玄米をきっちり詰めて抜く。この台の上にトッピングする
● トッピング(量はすべて適量)
  1. トマトと
    アボカド
    トマトとアボカドは一口大に切り、塩とオリーブオイルを少々かけ、サニーレタスを添える
  2. おくらとと
    ろろ昆布
    おくらは塩ゆでして食べやすい大きさに切り、とろろ昆布の上にのせる
  3. ズッキーニと
    パプリカ
    ズッキーニとパプリカは一口大に切り、フライパンでソテーして塩とこしょうをふる
  4. 厚揚げ 厚揚げは一口大に切り、だし1:しょうゆ1:みりん1の割合の煮汁で煮て、芽ねぎを添える
Memo

※玄米ご飯を抜く型はペットボトル等を切っても代用できます。

※トッピングはここに紹介したものに限らず、お好きなものでどうぞ。

ページの先頭へ